ディーラーローンと銀行マイカーローンの違い

ディーラーローンと銀行のマイカーローンを比較すると、断然銀行のマイカーローンの方が有利です。例えば金利の場合、自動車ローンだと中古車は高くなります。しかし、銀行のマイカーローンの場合新車でも中古車でも同じということが多いです。また、もともとも低金利です。

 

利用額、支払い回数について

 

利用額についてはどちらの上限も似たようなものですが、決定的な違いは、ディーラーローンは車が決まってからでないと借りることができない、ということです。たとえばトヨタで借りる場合「アイシスを買います」などと決めた後でないと融資がおりないわけです。

 

ということは、利用額も当然そのアイシスの代金+α程度で終わるわけです。そう考えると、銀行のマイカーローンの方がクルマが決まってなくても借りられるため、利用額でも有利だと言えます。

 

支払い回数についても銀行のマイカーローンの方が緩くなっていることが多いです。彼らはディーラーよりも財力があるため、返済をゆっくり待つことが可能だからです。

 

保証料、それぞれの特徴

保証料は、銀行の方は無料のことが多いです。また、保証人も不要ということもあり、保証に関しては意外と銀行のローンも緩くなっていることが多いです。一方、ディーラーローンの場合は、会社によっては保障料がかかったり保証人が必要になったりします。

 

それぞれの特徴をまとめると、基本的に銀行のマイカーローンの方が有利だといえます。餅は餅屋といいますが、やはりお金のことはお金の専門家に任せた方がいいのです。

マイカーローン低金利

という代名詞がつくほど金利が低いことで有名です。

 

住信SBIネット銀行Mr.自動車ローンをおすすめする理由

このように銀行のマイカーローンの方が基本的にあらゆる面で有利なのですが、その中でも特におすすめしたいのが往信SBIネット銀行の「Mr.自動車ローン」というものです。これは名前は少し軽薄ですが、しっかりとしたサービスで、金利や保証料、審査条件などどの部分を見ても使いやすいローンとなっています。

 

往信SBIネット銀行は名前の通りネットバンクなので、普通の銀行のように店舗をかまえる余計なコストが少なくてすんでいるのです。なので、利息なども安くしてやっていけるわけですね。多くの人は、特に年配の方は往信SBIネット銀行を知らないため、ディーラーローンなどを使ってしまいますが、とても損していると言えます。