残価設定ローンとは

残価設定ローンとはなにかというと、これは「半分だけ返すローン」です。残り半分はどこに行ったのかというと「3年後に自動車を下取りに出す」ことで解決します。

 

たとえば300万のクルマを買うとします。このクルマを3年後に売ったら、150万で下取りしてもらえるとします。とすると、返済する金額は150万だけでいいわけです。なので「この150万だけをローンにして返済してください」というのが残価設定ローンです。

 

 

残価設定ローンはクルマ・バイクの購入代金以外にも使える?

ここで気になるのは、普通の自動車ローンと違って、残価設定ローンはクルマやバイクの購入代金以外にも使えるのか?ということでしょう。結論からいうとほとんどの場合は使えます。もちろん自動車関係である必要がありますが、それさえ満たしていれば、金額が変わっただけで、普通の自動車ローンと違いはないからです。

 

免許取得費用、車検費用、修理費用もOK

そういうルールなので、免許を取得する費用でも、車検を受ける費用でも、自動車が事故ってしまった時に修理する費用でも、すべてに置いて利用することができます。場合によってはできない場合もありますが、社会常識の範囲内であれば大抵大丈夫と考えていいでしょう。

 

ナビや付属機器の購入資金にしても大丈夫?

これももちろん大丈夫です。立派な自動車関係の出費なので、どこの自動車ローンでも大抵大丈夫と言われます。もちろん「付属機器」をどこまで拡大解釈するかにもよります。たとえばクルマのサウンドも完璧でないといやだという人が、オーディオルームに取り入れるようなBOSEのサウンドシステムを搭載しようとすると、見方が分かれるかも知れません。それはもはや自動車のパーツではない、とみなされることもあるからです。

 

他社自動車ローンからの借り換えはOK?

これはNGとなることが多いです。これはもう、自動車のためのおお金ではなく「お金の返済のためのお金」とみなされるからです。場合によってはOKが出ることもあるかも知れませんが、基本はNGだと思っておいた方がいいでしょう。

 

そもそも、自動車ローンの金利の差というのはそれほどないので、借り換えが必要になることもめったにないはずです。また、どうしても借り換えをしたいという場合は、アコムなどの一般的なキャッシングを活用して行なうのがいいでしょう。